ドアを開けると、
そこは巴里だった。
モノクロの写真が飾られた壁、
高いカウンター、
懐かしいシャンソン、
ここには、いつも
きどらない巴里の風が流れている。